イメージ

成人体重の約60%は水分で出来ています。この体液(水分)を、ある範囲内で一定に保つべく、最終的な出入りを決めているのが腎臓です。

腎臓では、水分のほか、ナトリウム・カリウムやカルシウム・リンなどのコントロールの他、薬の分解・排泄などが行われています。逆に言えば、こうしたはたらきが失われてくると、からだの中の体液のバランスが崩れ、排泄すべきものが排泄されずに体の中に溜まってくることとなります。

これらの腎臓の働きが低下し、進行した状態を慢性腎臓病(CKD: Chronic Kidney Disease)といいます。